気象用語集:

立春 (りっしゅん)

二十四節気の第1番目。節分の翌日、新暦の2月4日ころにあたる。
二十四節気では季節の始まりを示すために、一年を四つに分け、それぞれ立春、立夏立秋立冬とした(四立(しりゅう))。暦便覧で立春は、「春立つ」、すなわち春の始まりを意味する。現在では太陽が視黄経315゜にあるときと定義されている。
旧暦ではこの日を年越しと考え、「旧暦は立春正月」といわれる(じっさいの旧正月と立春の日付は年により変動する)。
二十四節気では、それまで大雪冬至小寒大寒で、ようやく「春」のつく立春をむかえるが、じっさいはまだまだ厳寒のさなか。とはいうものの、日本全国ではこの日を境に平均温度が上昇しはじめるというデータもあり、立春から春が始まるとする暦の定義は、古人の気候変化にたいする感覚の鋭さを示すものとも考えられる。
立春以降に吹く、はじめての強い南風を「春一番」と呼ぶ。また、立春の日には「立春大吉」と書いた紙を戸口に貼、一年の厄除けを祈願する習慣がある(「立春大吉」は縦書きすると左右対称になり、縁起がいい文字面とされた)。

地域一覧