気象用語集:

雨水 (うすい)

二十四節気のひとつ。立春から15日後、厳しい寒さも少しゆるむ。新暦の2月19日ころにあたる。
冬の雪や氷が解けて水になり、また雪が雨に変わるという意味で、雨水と呼ばれるようになった。古来より農耕をはじめる目安とされ、春一番が吹くのもこの時期。しかし、じっさいは積雪のピークである。四方を海に囲まれた日本、とりわけ関東地方の太平洋岸では気圧配置の微妙な変化により、大雪となることも多い。
「三寒四温(三寒四温)」といって、3日寒い日があり、その後は4日くらい暖かさが続く、というふうに徐々に春を感じられるようになる時期。
雨水が過ぎると、地中の虫がざわめき顔を出す春の訪れ「啓蟄」(けいちつ)が待っている。本格的な春の到来が待ち遠しい。
西洋の占星術では、この日からうお座がはじまる。

地域一覧