気象用語集:

啓蟄 (けいちつ)

二十四節気のひとつ。「啓蟄戸を啓く(すごもりむし、とをひらく)。地中に冬眠していた虫が目をさまし、春の暖かさを感じて地上に這い出してくるころという意味。
新暦の3月6日ころにあたる。冬のあいだ、害虫除けに松の幹に巻かれていた菰(こも)を取りはずす「菰はずし」の行事が行われる。
中国の暦では「驚蟄(きょうちつ)」という。これは、漢王朝六代目の景帝の諱(いみな:実名の意)を啓(けい)というが、皇帝の諱を使うことが禁じられていたため、似た音の「驚」に替えて「驚蟄」としたため。
啓蟄は確かに暖かさが感じられる時期ではあるが、大陸から南下した寒冷前線が日本を通り抜けることにより、雷が多く発生する季節でもある。この時期の雷を「春雷(しゅんらい)」と呼ぶ。

地域一覧