気象用語集:

春分 (しゅんぶん)

二十四節気のひとつ。新暦3月21日ころにあたり、「春分の日」として国民の祝日に定められている。
春分は「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる春の彼岸の中日で、言葉のとおり、ようやく冬を脱し、暖かい日が多くなる。
秋分と同様、昼と夜の長さが等しくなる日としても知られる(春分以降は、昼がだんだん長くなっていく)。しかし、じっさいは夜よりも昼のほうが数分長い。これは、日の出の時刻は太陽の上端が水平線上にあらわれた瞬間を、日の入りは太陽の上端が水平線上に接した瞬間を指すのだが、大気がレンズのような作用をし太陽の光を屈折させることで、じっさいは水平線下にある太陽が浮き上がって見え、そのぶん日の出が早く、日没が遅くなることに起因する。
昼夜の長さとは別に、この日は太陽が真東から昇って真西に沈む。
西洋の占星術では、この日からおひつじ座がはじまる。

地域一覧