気象用語集:

小満 (しょうまん)

二十四節気のひとつ。新暦の5月21日ころにあたる。
麦の穂が生長し、木々が枝葉を茂らせる時期。自然界の万物が次第に成長して、命満つるのが感じられるという意味。
二十四節気の季節感を詳しく表現した七十二候では、小満は、カイコが桑の葉を盛んに食べる、ベニバナが畑一面に咲く、麦が熟して黄金色になる、と表している。
「麦秋(ばくしゅう)」は、小満の末候、麦の収穫期をあらわした言葉。まだ夏も迎えていないにもかかわらず「秋」とは気が早いが、麦にとっての「実りの秋」であることから、こう呼ばれる。
梅雨に入る直前で、はっきりしない天気が続くことが多い。
西洋の占星術では、この日からふたご座が始まる。

地域一覧