気象用語集:

芒種 (ぼうしゅ)

二十四節気のひとつ。新暦の6月6日ころにあたる。
「芒」は、稲や麦などの穀物にある針状の部分「ノギ」のこと。ノギのある作物の種を蒔く季節の意味。一般的には、熟した麦を刈って、その後に稲を植える時期であることを指す。
二十四節気の季節感を詳しく表現した七十二候では、芒種は、カマキリが孵化し、ホタルがあらわれる、梅の実が黄ばむ、と表している。ホタルは、腐った草がホタルに化けて光を発すると考えられていた。また、家で梅干しや梅酒づくりを楽しむ人のために、梅の実がスーパーに並ぶのもこの時期。
年や地域によって前後することはあるが、梅雨入りの季節である。梅雨は梅雨前線の北上によってもたらされ、地域ごとに気象庁が「梅雨入り」を宣言する。暦の上の「入梅(にゅうばい)」は、昔は「芒種のあとの最初の壬(みずのえ)の日」と定められていた。現在では、太陽が黄経80度に達したときと定義され、例年6月11日ころにあたる。

地域一覧