気象用語集:

秋分 (しゅうぶん)

二十四節気のひとつ。新暦9月23日ころにあたり、「秋分の日」として国民の祝日に定められている。
秋分は「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる秋の彼岸の中日で、言葉のとおり、暑さがぶり返すことはなく、これからは本格的な秋に向けて涼しさが増していく。
春分と同様、太陽は真東から昇って真西に沈む。また、昼と夜の長さが等しくなる(秋分以降は、徐々に夜長となる)。ちなみに、この日、赤道では太陽は正午に天頂を通過する。また、北極点・南極点では、太陽は地平線と同じ高さで移動し、日の出も日没もない。
二十四節気の季節感を詳しく表現した七十二候では、秋分は虫が隠れて戸を塞ぐ、とある。三月初旬に「啓蟄(けいちつ)」で地上に這い出してきた虫たちが、こんどは冬に備えて巣籠りの準備を始めるころ。夏にはキャベツを齧っていた蝶の幼虫(アオムシ)は、さなぎの姿に変わり、冬に備える。
西洋の占星術では、この日からてんびん座がはじまる。

地域一覧