気象用語集:

霜降 (そうこう)

二十四節気のひとつ。新暦10月23日ころにあたる。
霜が降りはじめるの意味だが、「ソウコウ」と読む。北海道、東北地方、または長野県などで、初霜の知らせが聞かれる時期でもある。
霜は空気中の水蒸気が凍って地面などに付着したもの。霜柱は地中の水分が染み出して凍ったもので、霜とは異なる。気温が5度以下になると、地面付近の温度は0度以下となり、霜が発生する。
畑の作物にとって、霜は天敵のように思われるが、必ずしもそうではない。冬の野菜の代表格、白菜は、霜にあたると繊維が柔らかくなり風味が増す。
地面にばかり気を取られていると、カエデやクヌギなど落葉樹の葉が鮮やかな色に変わる紅葉の秋景色を見損なってしまう。葉が赤や黄色に染まるのは、この時期、気温が急に下がり、葉に糖類が蓄積されることで緑の色素が減ってしまうため。昔の日本人は、桜の花見と同じくらい、秋の紅葉狩りに興じたらしい。
西洋の占星術では、この日からさそり座がはじまる。

地域一覧