気象用語集:

冬至 (とうじ)

二十四節気のひとつ。新暦12月22日ころにあたり、立冬から立春までの「冬」のちょうど真ん中。
北半球では一年のうちでいちばん昼が短く、夜が長い日。寒さは日増しに厳しくなるものの、昼の長さは徐々に伸びていく。つまり、1年でもっとも太陽が弱い日であり、冬至を境に太陽は力を回復していく。中国では、陰が極まり陽にかえる日と考えられてきた。「一陽来復(いちようらいふく)」とも呼び、この日以降、人々は運気を取り戻すことができると言い伝えられる。日本では、早稲田の穴八幡で「一陽来復」のお守りが配られる。
冬至に柚子湯につかると、その年を無病息災で暮らせるといわれる。柚子にはビタミン他、多くの栄養素が含まれ、新陳代謝を促し、疲労回復の効果がある。
西洋の占星術では、この日からやぎ座がはじまる。

地域一覧