気象用語集:

建国記念の日 (けんこくきねんのひ)

2月11日に定められた国民の祝日。
法律では「建国をしのび、国を愛する心を養う」ことを趣旨としている。
この日付はかつての「紀元節」であり、「紀元」とは歴史が始まった日の意味で、『日本書紀』が伝えるところの神武天皇の即位日とされる。ただし、『日本書紀』では神武天皇の即位日は「正月朔日」、すなわち1月1日とされている。この日を西暦に置き換えるといつになるか、明治政府が計算したところ、紀元前660年2月11日になった。紀元節には全国の神社では紀元節祭が行われ、また神武天皇陵の遙拝式が催された。
しかし戦後になって、GHQの意向により紀元節は廃止された(1948年)。約18年にわたり、日本には建国記念に相当する祝日が存在しなかったが、1966年に「建国記念の日」が国民の祝日として認められた。
建国記念の日をどの日付とするかは、さまざまな議論があり、5月3日の憲法記念日や、4月3日の聖徳太子による十七条憲法発布の日などが候補にあげられた。
なお、2月11日は、1889年(明治22年)に大日本帝国憲法が公布された日でもある。

地域一覧