気象用語集:

春分の日 (しゅんぶんのひ)

春分日に定められた国民の祝日。3月20日か21日のいずれかになる。
法律では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている。
暦の上の春分(昼と夜の長さが等しくなる日)であるが、日本の祝日としては、明治時代に定められた「春季皇霊祭」に起源をもつ。歴代天皇の霊を祀る儀式が宮中で行われる。戦後廃止され、1948年からは春分の日と改称され、国民の祝日になった。
昼と夜の長さが等しくなり、春分以降は、昼がだんだん長くなっていく。また、太陽が真東から昇って真西に沈む。
古来より春の訪れを祝う日とされてきた。春の彼岸の中日でもあり、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉のとおり、ようやく冬を脱し、暖かい日が多くなる。
ちなみに、キリスト教での復活祭はこの時期に行われる。イエス・キリストが十字架にかけられた三日目に復活したことを祝う日。「春分の最初の満月の次の日曜日」と定められ、年によって日付は異なる。

地域一覧