気象用語集:

昭和の日 (しょうわのひ)

4月29日に定められた国民の祝日。
法律では「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨としている。そもそもは、昭和天皇の「天皇誕生日」。
1989年(昭和64年)に昭和天皇が崩御されたため、いったんは「みどりの日」に変更された。「みどりの日」の呼称は、植物学者としての昭和天皇にちなんだものとされる。
その後、昭和天皇と昭和の時代を偲ぶため「昭和の日」に改めるべきという意見が根強く残り、2007年に「昭和の日」として新たに制定された。
例年、この日からゴールデン・ウィークが始まる。
ちなみに、現行の法律で、過去の天皇の誕生日が祝日に定められているのは、この昭和の日と、11月3日の文化の日のみ。文化の日は、明治天皇の誕生日であり、1946年(昭和23年)に日本国憲法が公布された日でもある。

地域一覧