気象用語集:

みどりの日 (みどりのひ)

5月4日に定められた国民の祝日。
法律では「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている。
1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇が崩御。同日、今上天皇即位により、「天皇誕生日」が4月29日から12月23日に改められた。昭和天皇の天皇誕生日だった4月29日は「みどりの日」と呼称を改め、祝日として残ったが、1992年から、この日を「昭和の日」に改称しようとする運動が起こる。二度の廃案を経て、2005年5月13日、祝日法の改正が成立。2007年から4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動された。
「みどりの日」の呼称は、「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ名がふさわしい」という意見により決定された(「科学の日」という呼称も提案された)。
自然にしたしむことを趣旨とした「みどりの日」にちなんで、上野動物園や多摩動物公園、葛西臨海水族園など、一部の動物園や水族館は無料開放を実施する。

地域一覧