気象用語集:

海の日 (うみのひ)

7月の第3月曜日に定められた国民の祝日(ハッピーマンデー制度導入の2002年以前は7月20日)。
法律では「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。
祝日に制定されたのは1996年。それ以前は、「海の記念日」(記念日で、祝日ではない)であった。「海の記念日」は、1876年に明治天皇が東北を巡幸された際、汽船「明治丸」に乗船され、青森から函館を経由して横浜に帰港されたことから、当時の逓信大臣村田省蔵が提唱した。
2003年以降は三連休化し、海の日を含む7月1日から31日までが「海の月間」と定められた。「海フェスタ」をはじめ、全国各地で海にかんするさまざまなイベントが催される。
世界の国々の中で「海の日」を国民の祝日としている国は唯一日本だけ(国土交通省による)。

地域一覧