気象用語集:

敬老の日 (けいろうのひ)

9月の第3月曜日に定められた国民の祝日(ハッピーマンデー制度導入の2002年以前は9月15日)。
法律では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。
そもそもの日付9月15日は、一説には、593年に聖徳太子が大阪四天王寺に「非田院(ひでんいん)」を設立した日に由来するとか(非田院は、孤児や身寄りのない老人などを収容し、世話する施設)。ただし、この説は俗説とも。
1951年に中央福祉協議会が定めた記念日の名称は、「としよりの日」。あまり評判は芳しくなく、1963年に「老人の日」と改められる。そして。1964年に今と同じ「敬老の日」として、国民の祝日に制定された。
自治体などでは、60歳を過ぎた人を敬老の日の対象にする場合が多い。60歳は「還暦」のお祝いの歳。還暦は、自分の生まれた年の干支が一巡しすること。「生まれたときに帰る」の意味で、かつて赤い産着を赤ん坊に着せ、魔除けにしていたことから、還暦には赤いちゃんちゃんこを着る慣習になった。

地域一覧