気象用語集:

勤労感謝の日 (きんろうかんしゃのひ)

11月23日に定められた国民の祝日。
法律では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。
かつては「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる、収穫祭に相当する行事が全国の神社で行われた日。「新嘗」とは、その年に収穫された新しい穀物を意味し、新嘗祭は、新穀を得たことを神さまに感謝し、祝う大祭。『日本書紀』にも記述があるほど古来から伝えられてきた。宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉納し、自らもそれを食する。農業、特に稲作を暮らしの中心に置く日本ではたいへん重要な行事のひとつ。
明治時代に入ると、新嘗祭は11月23日に固定され祝日化されたが、戦後のGHQ占領政策において、国家神道色の強いものとして危険視され、改められたのが「勤労感謝の日」である。
「勤労感謝の日」は、アメリカのレイバーデー(Labor Day)と、感謝祭(Thanksgiving)の性格を併せた趣旨で、GHQによって考案された。
新嘗祭は、現在も宮中祭祀として存続して行われている。

地域一覧