気象用語集:

天皇誕生日 (てんのうたんじょうび)

12月23日に定められた国民の祝日。
法律では「天皇の誕生日を祝う」ことを趣旨としている。
日本における国家の日(その国にとって最も記念すべき日)として定められている。この日、宮中では、祝賀の儀や、一般参賀が行われ、多くの参列者が皇居を訪れる。
天皇誕生日は、1948年(昭和23年)までは、「天長節(てんちょうせつ)」と呼ばれていた。近代の天皇誕生日(天長節)は、明治天皇11月3日、大正天皇8月31日(10月31日)、昭和天皇4月29日である。このうち、11月3日は文化の日として、4月29日は昭和の日として、現在も国民の祝日として存続している。なお、大正期の天長節は10月31日に行われた。これは、大正天皇の誕生日の8月31日は残暑が厳しく、式典をこなすのが難しく、2か月ずらして行われたため。
天皇誕生日(天長節)による祝日は、皇位継承により自動的に変更されるのではなく、法改正を必要とする。

地域一覧