気象用語集:

桃の節句 (もものせっく)

五節句のひとつ。3月3日を指す。雛人形を飾る、女の子のための行事で、「上巳(じょうし)」ともいう。
そもそもは、川で身を清め不浄を祓うという古代中国の行事に由来する。平安時代の宮中では、紙でつくった人形(ひとがた)で体をなで、穢れを祓ってから川に流すという行事に代わった。それから雛人形が発生し、雛祭りに発展したといわれる。流し雛の習慣はいまでも各地に残っている。雛人形が現在のような華美な様式になったのは、江戸時代以降。
桃の節句という名称は、この日のお祝いに桃の花が飾られたことや、桃の花を盃に入れることに由来する。そのほか、菱餅、雛あられ、白酒、ちらし寿司、蛤の吸い物などを食し、お祝いをする。
雛祭りは「草餅の節句」とも呼ばれ、草餅を食べる風習も残されている。旧暦の3月上旬は草餅に使われるヨモギの若芽の季節でもある。ヨモギの強い香気が邪気を祓うと考えられていた。

地域一覧