気象用語集:

端午の節句 (たんごのせっく)

五節句のひとつ。5月5日を指す。鯉のぼりや武者人形を飾る、男の子のための節句で、菖蒲の節句ともいう。お風呂に菖蒲の葉を入れた菖蒲湯に入る習慣がある。
端午の節句の由来は諸説あるが、旧暦の5月は物忌の月(悪月)とされ、邪気を祓うために菖蒲酒を飲んだり、菖蒲や蓬(よもぎ)の葉を軒に下げたことがはじまりともいわれる。薬草を採取する「薬狩りの日」でもあった。
鯉のぼりが習慣化したのは、じつは江戸時代中期から。商人がのぼりの代わりに吹流しを飾ったのがそもそもだが、吹流しに鯉の絵を描くようになり、現在の鯉のぼりに派生した。関東の風習で、上方(関西)にはなかったといわれる。
また、この日には、柏餅や粽(ちまき)を食べる風習もある。柏は葉が落ちにくいことから「家系が絶えない」縁起物として広まった。粽は、古代中国でこの時期に行われた寒食(火を使わずに食事をつくること)の名残とも、中国戦国時代の楚の詩人屈原が川に身を投げた5月5日に、人々が粽を投げて供養したのが起源ともいわれる。

地域一覧