気象用語集:

七夕 (しちせき/たなばた)

五節句のひとつ。7月7日を指す。「たなばた」と読むのが普通だが、もともとは「しちせき」と読む。旧暦の7月7日の夕に行う行事。笹竹に短冊などを飾って祝う。中国由来の年中行事だが、韓国やベトナムなどでも同様の行事がみられる。日本では仙台や平塚の七夕まつりが有名。
中国における織姫と牽牛(彦星)の逢瀬の伝説が日本に伝わったのは奈良時代。日本の棚機津女(たなばたつめ)伝説と合わさり、やがて定着した。
七夕物語の織姫星はこと座の1等星ベガ、彦星はわし座のアルタイルを指し、ふたつの星は天の川で隔てられている。年に一度、7月7日に二人は逢瀬を許されているが、雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は天の川を渡ることができない。旧暦の7月7日は梅雨明けのころで、ちょうど上弦の月に重なり星空が冴えて見える。しかし新暦の7月7日は梅雨のさなかで雨の日が多く、天の川を見られる確率は低い。そのため、仙台の七夕まつりのように「月遅れ」で七夕を行うところも少なくない。
笹竹や短冊の習慣が定着したのは江戸時代以降。

地域一覧