気象用語集:

重陽 (ちょうよう)

五節句のひとつ。9月9日を指す。陰陽五行説では「九」は用の極数で、9月9日は九が重なることから「重陽」と呼ばれ、おめでたい日とされてきた。菊の節句ともいわれ、平安時代には宮中で観菊の宴が催された。菊は、古来より「翁草」「齢草」などと呼ばれ、邪気を祓い長寿をもたらす花と考えられてきた。重陽の節句では盃に菊の花を浮かべた菊酒を互いに酌み交わし、長寿を祝ったとされる。現在でも菊の鑑賞会やコンクールはこの日の前後に催されることが多い。
重陽の節句は、今でこそ他の節句に比べて実施される機会は少ないものの、近代以前は、年最後の節句ということもあり、とりわけ盛大に祝われた。江戸時代には五節句のなかでもっとも公的な行事だった。
また、旧暦の9月9日ころ(新暦の10月初~中旬)は、田畑の収穫が行われる時期でもある。農村では「栗の節句」と呼ばれ栗飯を食べて収穫祭をお祝いする習慣があった。

地域一覧