気象用語集:

節分 (せつぶん)

雑節のひとつ。2月3日の豆まきが連想されるが、そもそもは季節の移り変わる節(立春立夏立秋立冬)の前日を指す。「節分」は「季節を分ける」の意。季節の移り変わりには陰と陽が対立して、邪気を生じ災いをもたらすと考えられてきた。この邪気を追い払うために、鬼やらいの行事が行われた。
江戸時代以降は立春(2月4日ごろ)の前日を指すようになった。旧暦では、立春をもって新年とされてきた(「立春正月」思想といわれる)。すなわち、立春前日の節分は年越しの大晦日にあたる。そのため、立春前の節分が最重要視された。なお、立春は2月4日でない場合もあるので節分も2月3日とは限らない。
「鬼は外、福は内」と叫びながら豆を蒔き、年の数(あるいは1つ多く)を食べ厄除けをする。「鬼も内」と掛け声をする地域もある。またヒイラギの枝に、焼いたイワシの頭を刺し門口に立てる(もっとも現在では廃れ、見る機会はほとんどない)。ヒイラギの葉のトゲが鬼の目を刺し、焼いたイワシの臭気を鬼が嫌うという言い伝えによる。
近年ではコンビニエンスストアなどの販売促進により、恵方巻が全国的に広まった。そもそもは大阪を中心に行われていた、年によって決められた方角を向いて太巻きを丸かじりする「丸かぶり寿司」の習慣。

地域一覧