気象用語集:

八十八夜 (はちじゅはちや)

雑節のひとつ。立春から数えて88日目を指す。新暦では5月1日か2日ころ。立夏の3日前にあたり、
「夏も近づく八十八夜」の「茶摘み歌」で知られる。八十八夜からは新茶の摘み取りが行われ、特に八十八夜の日に摘んだ茶葉は上等なものとされた。
八十八夜は日本独自の暦で、霜による農作物の被害を恐れた農家では特に重要視された。
霜は冬に発生するものと思われがちだが、春になり日中は穏やかな気候であっても、夜に冷え込んで霜を降ろすことがある。その場合、早蒔きの種や、稲の苗など農作物は枯れ死してしまう。特にお茶の葉は一度でも霜にあたると台無しになってしまうことから、農家は霜を非常に警戒した。八十八夜を迎えると気候が安定して霜の心配がなくなり、農作物の種まきを行う目安の日とされた。しかし地方によっては八十八夜を過ぎても晩霜が降った。「八十八夜の別れ霜」、「九十九夜の泣き霜」という言葉もあり、八十八夜は農家にさらなる霜の警戒を促す目的もあった。

地域一覧