気象用語集:

半夏生 (はんげしょう)

雑節のひとつ。夏至から数えて11日目を指す。新暦7月2日ころ。梅雨明けがほどなく終わるころで、気温も湿気も高く、一年でもっとも不快に感じられる時期。
半夏生は、いまではほとんど知られていない暦だが、昔は農業にとって重要な目安となる日だった。
半夏生の日には天から毒気が降る、地が陰毒を含むなどといわれ、井戸に蓋をしたり、種まきを忌む風習があった。野菜を食べることも禁忌とされた。また、半夏生の日までに田植えを終えれば収穫の半分は確保できるといわれ、農家はこの日を目安に田植えを終わらせることをめざした。
半夏生の名は、サトイモ科の多年草「半夏(はんげ)」が生える季節に由来する。別名をカラスビシャクともいうこの植物は薬草としても知られる。また一説には(ちょっとややこしいのだが)、その名も「ハンゲショウ」というドクダミ科の植物が、この時期に花を咲かせることに由来するとも(サトイモ科の半夏とは別の植物)。ハンゲショウはその名のとおり、葉の半分が化粧したかのように白く変色する。

地域一覧