気象用語集:

中元 (ちゅうげん)

贈答シーズンの「お中元」で浸透しているが、そもそもは先祖供養の日。雑節に数えられることもある。
古代中国では、旧暦正月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元とし、それぞれに行事が催された(三元と総称する)。なかでも中元は、「贖罪の日」とされ、死者の罪を赦すことを願う日とされた。この日は終日、庭で火を焚く風習があった。またこの時期はおとも重なる。お盆には盂蘭盆(うらぼん)の行事が行われ、先祖への供養といっしょに身近な人たちへ贈り物をする習慣ができ、それが広まり現在のお中元として残ったといわれる。
お中元の贈答は、関東地方では7月中旬に行われ、7月15日を過ぎると「暑中見舞い」と呼ばれる。関西地方では旧盆にあわせ、8月中旬に行われる。一か月遅いため「月遅れ」と呼ばれる。

地域一覧