気象用語集:

(ぼん)

盆は正確には盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、古代インドのサンスクリット語で「逆さ吊り」を意味するウランバナに由来する。釈迦の十大弟子のひとり目連(もくれん)の亡き母が地獄で逆さ吊りの苦しみにあっていることを知り、7月15日に供養して母を救ったという話に基づく。
旧暦7月の満月のころ、祖先の霊が訪ねてくるのを出迎えて供養する行事。迎え火を焚き、茄子や胡瓜などの野菜と藁で牛馬をつくる習慣がある。
新暦となった現在では、東京都をはじめ暦通りの7月15日に行う地域もあるが、多くの地方では農作業との兼ね合いなどから「月遅れ」といって旧暦に近い8月15日に行われる。学校や会社の夏季休暇と重なるため、帰省シーズンとして定着している。
盆の時期前後の盆踊りは、祖先の霊を招いて送り返す意味合いに加えて、豊年祈願のために行われた。

地域一覧