気象用語集:

二百十日 (にひゃくとおか)

雑節のひとつ。立春から数えて210日目を指す。9月1日前後。台風が到来し、天気が荒れやすい厄日として知られている。
二百十日が暦に採用されたのは江戸時代の初期、それほど古い暦ではない。暦学者渋川春海が、八十八夜(初夏を知らせる)と二百十日を有意義な暦として、暦本に採用した。一説によると、春海は海釣りをするために江戸品川の海に舟を出そうとした際、船頭が「今日は二百十日だから海が荒れる厄日だ」と言った。そのときは快晴だったにもかかわらず、やがて雲があらわれ空を覆い、暴風雨になった。船頭や漁師の経験と先見眼をもとに、春海は二百十日を暦に採用したという。富山で催される有名な「おわら風の」など、各地で風鎮目の祭りがある。
しかし、近年のデータでは二百十日ころの台風は多くない。
9月1日は関東大震災が起きた日でもある。大正12年(1923年)に南関東地方に甚大な被害をもたらした。そのため、この日は「防災の日」に定められている。全国で防災訓練が行われる。
夏目漱石の小説『二百十日』が有名。二人の青年、圭さんと碌さんが、阿蘇山に登りながら交わす会話のみで構成されている風変わりな小説。圭さんは漱石自身がモデルとされる。

地域一覧