気象用語集:

彼岸 (ひがん)

雑節のひとつ。春分または秋分を中日として、その前後3日間(計7日間)を彼岸という。春は3月21日ころ、秋は9月23日ころにあたる。
「彼岸」は梵語の「波羅蜜多(はらみた)」の訳語。生死を超越した苦しみのない悟りの境地の意味。反対に生死を繰り返す迷いの世界(この世)を此岸(しがん)という。彼岸は西方にあるものと考えられてきた。彼岸中日の春分の日秋分の日は、昼夜の長さが等しくなり、太陽が真西に沈むので、西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしい時期と考えられた。人々は入り日を拝みながら浄土に思いをはせ、このことがやがて、浄土にいる祖先を偲ぶ日として定着していった。
墓参りをして先祖供養をするが、春にはぼたもちを、秋にはおはぎをお供えする。ぼたもちもおはぎも、共に餅米とあんこでつくられた同じ食べ物だが、それぞれの季節の花(牡丹または萩の花)を意識して名前を変えて呼ばれている。ぼたもちはこしあんを、おはぎは粒あんを使う。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるが、残暑や残寒は彼岸のころまで続き、以降は和らぐという意味。彼岸のころはほどほどの気温で過ごしやすいことが多く、旧暦時代には農作業の目安とされた。

地域一覧