気象用語集:

社日 (しゃにち)

雑節のひとつ。春分秋分に最も近い戊の日を指す。神社にお参りして、土地の神を祀る行事。
春は種まき、秋は収穫の、農業にとってはたいへん重要な時期。春の社日(春社)では五穀の種を神前に供えて豊作を祈る。秋の社日(秋社)には初穂を供えて収穫を感謝する。
「社」とは土地の神、すなわち産土(うぶすな)の神のこと。守護神であると同時に、土地の生産力を司る神の意味がある。
古代中国には、社を祀り、豊作を祈る習慣があった。いっぽう日本には、田の神・山の神信仰があった。田の神と山の神は同一の神で、春になると山の神が下りて田の神になり、秋になると再び山に戻っていく。この日本独自の信仰と、中国から伝来した社日がうまく結びつき、春は田の神迎え、秋は田の神送りの行事となった。

地域一覧