気象用語集:

土用 (どよう)

雑節のひとつ。土用といえば、夏の暑い盛り、土用の丑の日の鰻の蒲焼を思い浮かべる人も多いのでは。今日では夏の土用が知られているが、じっさいは春夏秋冬すべてに土用がある。立春立夏立秋立冬の直前18日間で、年に4回。
古代中国で発達した陰陽五行説では、五行の要素(木・火・土・金・水)によって自然界を説明できるとした。季節にも五行を当てはめ、春は木気、夏は火気、秋は金気、冬は水気とした。ところが土気だけが余ってしまい、各季節の終わり18日間に割り当てられた。これを「土旺用事」と呼び、やがて「土用」に転じた。
土用は月の王である土公が支配する期間と考えられ、土を動かすこと(井戸掘り壁塗りなど)が凶とされた。
このように土用は季節の一定期間を指すものであり、夏の土用の丑の日に鰻を食べ、夏バテに打ち勝とうという習慣は日本独自のもの。江戸時代に始まり定着した。土用の丑の日とは、土用の期間で十二支が丑の日を指す。土用は18日間なので、年によっては土用丑の日が2回となる場合もある。土用の丑の日に鰻を食べる習慣は幕末の蘭学者平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。知人の鰻屋から「夏には鰻が売れない」と相談されたところ、「本日、土用丑の日」という貼り紙を出すことを提言したところ、大繁盛したことに由来するとか。

地域一覧