気象用語集:

春の七草 (はるのはなくさ)

春の七草は、芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)の7種類。これらの菜をまな板の上できざみながら、「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、せりこらたたきのたらたたき」とうたう習慣もある。これは「鳥追い歌」といって、農作物に対する鳥害を防ぐまじない歌のひとつ。
春の七草とはいうものの、太陽暦の1月7日は冬真っ只中。早春の野で若菜を摘むイメージとは程遠い。戦後、七草の行事は一度、ほとんどすたれてしまったが、近年は自然回帰の風潮に伴い再び盛んになっている。スーパーマーケットで七草がパッケージされた商品も売られている。七草粥は正月の贅沢な料理に疲れた胃腸にやさしい。
もともとは、正月15日にコメ、ムギ、ダイズ、アワ、ヒエ、キビ、アズキの七種粥を食べる宮内の正式行事があったが、正月7日の七草粥に転じたといわれている。

地域一覧