気象用語集:

秋の七草 (あきのななくさ)

秋の七草は、女郎花(おみなえし)、尾花(おばな)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)の七種類。尾花はススキの別名。山上憶良が詠んだ和歌が由来とされている。
・萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)
朝貌(あさがお)とあるが、アサガオは熱帯アジアの原産で奈良時代に日本に伝来したといわれる。広く栽培されていたことも知られているが、憶良の歌では桔梗を指しているとする解釈が一般的。
春の七草では七草粥を食する習慣があるが、秋の七草は観賞用で、摘んだり食べたりする草花ではなく、これにちなんだ特別な行事はない。
・秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花(万葉集・巻八 1537)
これも七草の由来とされている憶良の歌。

地域一覧