気象用語集:

三隣亡 (さんりんぼう)

大悪日とされる。とりわけ建築に関連について大凶といわれ、この日に建て前の土起こしや、棟上げなどを行うと、隣近所に災いが生じるとされた。三軒隣まで亡ぼすという字面によるものとされる。
しかし古くは「三輪宝」と書き、「屋立てよし」「蔵立てよし」の吉日とされていた。三輪宝とは、「天」「地」「人」の三点の中心に宝が位置することを意味する。原因は不明だが、どこかで「凶日」として扱われることになり、のちに「三隣亡」の字があてられたとみられる。一説には「よし」を「あし」と書き間違えたことから悪い意味として定着したともいわれるが、定かではない。
出自はほとんど知られておらず、暦のなかでも迷信の最たるものであるが、現在でも建築関係者で信じる人は少なくない。

地域一覧