気象用語集:

母の日 (ははのひ)

母の日とは、日頃の労をねぎらい母に感謝の気持ちを伝える日のこと。
日本では5月の第二日曜日にあたり、カーネーションを贈ることが一般的になっている。
20世紀初頭のアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアに住む少女アンナ・ジャービスが母の死をきっかけに、生前に母を敬う機会を作ろうと働きかけたことがきっかけである。
1914年、ウィルソン大統領が5月の第二日曜日を母の日として制定し、国民の祝日となった。
その少女の母が生前カーネーションを好んでおり、アンナが祭壇に白いカーネーションを飾ったことから、母の日にカーネーションを贈る習慣が生まれた。母親が健在の場合は、赤いカーネーションを贈り、亡くなっている場合は、白いカーネーションを胸に飾る。

地域一覧