気象用語集:

ハロウィン (はろうぃん)

ハロウィンまたはハロウィーンとは、毎年10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭り。古代ケルト人のSamhain(サウィン)が始まりと考えられている。
カトリックのあらゆる聖人を記念する万聖節(ばんせいせつ)の前夜祭である。
ハロウィンの行事にはトリック・オア・トリート(意味はお菓子をくれないといたずらするぞ!)がある。子供たちが魔女やお化けなど思い思いの仮装に身を包み、近所の家々を巡りお菓子をくれないといたずらするぞと唱えてお菓子をもらう行事である。
また悪霊を追い払うためにオレンジ色のカボチャを顔のようにくり抜いてろうそくを灯す「ジャック・オー・ランタン」が有名だが、アメリカ大陸発見前はカブが用いられていた。現在でもスコットランドではカブの一種であるルダバガが使われている。カボチャに比べて迫力があり怖い形相に仕上がる。
ハロウィンを創始した古代ケルト人は中央アジアから戦車、馬車を携えてヨーロッパに渡った民族で、1年の終わりを10月31日と考えていた。この日の夜は、家族の元に死者の霊が訪ねてくる日であり、また同時に魔女や悪霊が子供をさらったり、作物などに被害を与えると考えられていた。そこで死者の霊を招き、悪霊から身を守る為に仮面を被りたき火をたいていたとされている。

地域一覧