気象用語集:

大晦日 (おおみそか)

大晦日とは、1年の最後の1日のことである。大晦(おおつごもり)ともいう。
そもそも晦日(みそか)は月末のことを指しており、一年の締めくくりにあたる最後の日であるから“大”がつき大晦日と呼ばれる。晦(つごもり)とは月隠り(つきごもり)からきており、月が隠れる日という意味がある。晦日(みそか)は本来、「三十日」と書いて月の30番目の日を表していた。
英語圏では大晦日のことを「New Year's Eve」や西ヨーロッパを中心に「Saint Sylvester's Day」と呼ばれる。
大晦日の風習は古く平安時代ころから始まったとされ、元来は歳神様(その年一年間の穀物の恵み、生命を与えてくれるとされる神様のことで正月様ともいう)を祀るための準備を行う日であった。かつては歳神様が恵方(えほう)と呼ばれる縁起の良い方角から各家庭に訪れると信じられていたため、歳神様を迎えて食事を共にするため年籠り(としごもり)をして大晦日、元旦と家で過ごすことが普通であった。現在ではその意味合いは薄れ、歳神様を待つのではなく、こちらから神様に願い事をするために神社へ出向く「初詣(はつもうで)」が一般的になった。

地域一覧